知ってトクする、リフォーム工事費内訳の見方

リフォーム工事費内訳の見方

すぐわかる合計金額確認術

家のリフォームを考えたとき、最初に行うのは、業者への見積の依頼です。業者はそれに応えて、見積書を提出してきます。そのときどういう観点から考えればいいのでしょうか。

リフォーム代は大金です。慎重によりよいものを選ぶためにも、できれば複数の業者に依頼し、見積書を比べましょう。するとわかってくることがあります。

見積書を見て、まず基本となるのは、作成年月日が記されているか。押印がされているか。といったところです、頼んだ会社がしっかりした会社であるかどうかを判断できるため欠かせないことです。後日、トラブルになった場合に備えて、日付等の記された正式な文書をもらっておくことが大切です。

次に気に留めなければならないのは、リフォーム代の全体の内訳です。大きく分けてリフォーム代は、商品代・工事費(人件費)・諸経費から成ります。
商品代で気になるのは単価と数量です。単価や数量を複数取った見積書と比べて、あまりに高額なときは注意しましょう。ただし、「一式」の形でまとめて記されてくることも多いです。単価と数量を掛け算した上で自分で計算することも時には必要になるでしょう。同じことは工事費にも当てはまります。こちらは日数と人数を掛け合わせた金額になります。いずれにしても異常に高い場合は注意が必要です。

最後に気に掛けてほしいのは諸経費(管理費)。雑費といってもいいこの欄は、交通費や車両費などさまざまなものからできています。諸経費は合計額の10~15%と言われていますが、計算の仕方が多様なため、一概には言えません。ただし、あまりに高額な場合はやはり注意が必要です。

さて、一番大事なのは合計金額です。もちろん安いにこしたことはありませんが、安ければいいというものでもありません。追加請求されることもあるので要注意です。何より意図した形でのリフォームであるかを確認した上で見積を確認することが必要になってきます。









面倒な文字・数字を読む、リフォームのコツあれこれ

リフォーム業界には悪徳業者もいて問題になっています。 顧客が素人だからといって、いい加減な見積書を提出し、いい加減な工事をした上で、後日追加工事を行い、その費用を請求する場合が最も多いとされます。 では、そんな業者に騙されないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

リフォームしながら住むのは正解か?

実際にリフォームしようとした場合、その期間、住む場所を探さなくてはなりません。こんなとき便利なのは、住みながらのリフォーム。 普段どおりの生活をしながらリフォームができるので便利です。しかし、不便なことも当然出てきます。あなたの場合、住みながらがいいのか、悪いのかどちらでしょうか。

見積書がわかる、プチ専門用語辞典

リフォームの工事内訳を受け取ったとき、悩んでしまうのはその数字だけでなく、書かれた項目名でしょう。 素人にはなじみのない文句が並んでいて、質問したいけれど、知ってて当然と思い、質問できないこともあります。 このページでは、いまさら聞きたいけど聞けない業界の専門用語とその意味を紹介していきます。