知ってトクする、リフォーム工事費内訳の見方

>

面倒な文字・数字を読む、リフォームのコツあれこれ

諸経費以外からも利益を取る業者に注意

留意しなくてはならないのはリフォーム代に含まれる諸経費。ふつう、ここに企業は儲けを含めた金額を設定します。
したがって諸経費は安いほど良いとは限りません。
悪徳業者は、諸経費ではなく、工事費や商品代に儲けをかなり上乗せする場合があります。
そもそも、大手業者ほど大量に商品を購入して安く上げる傾向があるので、商品代や工事費が高い場合などは、むしろこちらの方が要注意です。諸経費が安すぎる場合、企業はそれでまかない切れるはずはないので当然です。

もちろん、それら含めて最終的な合計金額が安ければいいのですが、悪徳業者の場合、再工事、再請求などをすることもあります。くれぐれも一回の支払いですべて済むようにしたいものです。そして見積書はそれを見定めるチャンスでもあるのです。

見積にない工事に注意

前述したとおり、諸経費が高い業者=悪徳業者とはいえないのですが、それ以外にも見定めるポイントはあります。
まず、見積書の有効期限です。短かすぎる期限を設定し、契約を急がせるものは注意が必要です。
また、見積書に署名・捺印を求める場合も注意が必要です。
ふつう見積書に署名契約はないだけに気をつけたいところです。
できれば見積書を手に持って、実際にリフォームする場所を見ながら、工事内容を担当者といっしょに確認してみることがよいでしょう。

一番避けたいのは、工事部分が見積以上に広く、後日、追加費用を請求されるケース。
工事範囲や作業領域がどこまでなのか、見積書に記述があるのかどうか。見積書上の項目で不明点があれば、問いただす必要もあります。
こうした質問時に対応がしっかりしているかも重要なポイントになります。
どうせ頼むのならば、やはり親身になってリフォームを行える業者を選びたいところです。


この記事をシェアする