知ってトクする、リフォーム工事費内訳の見方

>

リフォームしながら住むのは正解か?

小規模なら住みながらのリフォームもOK

住みながらのリフォームがいいか、そうでない方がいいか。その目安は、工事規模にもよります。部屋を少し改造する程度ならば、当然住みながらでもいいでしょう。しかし家全体に及ぶ場合は、大規模なリフォームになるので、住みながらは諦めた方がいいでしょう。

住みながらリフォームのメリットは、やはり別の住居を探し、その家賃(借り賃)を払わなくていいというところにあります。それと同時に最大のメリットと言えるのは、制約はあるものの、それまでの日常生活を変わらず行えること。出勤場所が変わって、通勤時間が長くなったなどのデメリットはありません。やはり住み慣れた我が家から離れずに済むことは大きなメリットです。

さらにメリットとしては、工事進行状況が確認できることがあります。何か問題にあった場合もすぐに対応できるのは大きいです。

住みながらのリフォームのデメリット

住みながらのリフォームのメリットがある一方、デメリットも当然あります。
まず、リフォームしている場所は使えなくなる場合が多いです。キッチンをリフォームすれば、台所は使えなくなることが多いですし、バスをリフォームすれば、風呂場は使えず、銭湯に行かざるをえないケースもよく見られます。このほかエアコンも使えなくなり、寒かったり暑かったりする場合も見られます。

このほか、防犯やプライバシーの問題も出てきて、外出しにくいという場合もあります。ただでさえ、人の出入りで落ち着かない上に、工事音などの騒音や埃で日常生活に障害が出てくることもあるので当然といえます。
これらのデメリットを考慮しながら、住みながらのリフォームがよいかそうでないか、決断していきたいものです。


この記事をシェアする